×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピー対策

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎は、遺伝でしょうか?確かにそうかもしれませんが、アトピーが遺伝する人もいれば、遺伝しない人もいます。

 

確かに、親や兄弟にアトピーの人がいると発生しやすい病気と言われています。

 

また、アレルギー性鼻炎や気管支喘息などのアレルギー疾患を経験している人にアトピーが多いようです。

 

一般的なアトピー性皮膚炎の症状は、乳児では、乳児湿疹と類似しているため、混同されることがあります。頭部から顔面→身体→手足の順に、アトピーの炎症が広がっていくようです。

 

幼稚園児童〜小学生の時期には、関節の内側を中心にアトピーが発症しやすく、耳の下の部分が裂ける所謂「耳切れ」の症状が出ることがあります。

 

中学・高校の思春期以降では、広範囲にわたって乾いた慢性湿疹が出ることが多いようです。

 

酷い症状では、皮膚が乾燥して表面が白い粉を吹いたようになる、または、赤い湿疹や結節などができる、といった症状が出ますが、どちらのケースでも往々にして強いかゆみを伴います。また、掻きむしったりして、患部に傷ができると、ジュクジュクに湿潤した部分からツユやウミのような液体が浸み出すこともあります。

 

アトピー性皮膚炎は合併症を伴うことがあり、円形脱毛症や、伝染性軟属腫(水いぼ)などのウイルスによる皮膚疾患にも感染しやすくなります。また、幼児の場合は、黄色ブドウ球菌などによる伝染性膿痂疹(とびひ)が多いようです。

 

アトピーで顔面の症状がひどい場合、最悪では、白内障や網膜剥離を合併してしまうケースもまれにあります。

 

アトピー・敏感肌の為の保湿ホメオパシー化粧クリームドリームワン内容量 100g