×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日常生活でのアトピー対策

日常生活でのアトピー対策

アトピー性皮膚炎を発症しやすい体質というのは、一般的に皮膚が弱く、赤ちゃんの頃にオムツかぶれがおきやすかった人や、大人になってからは化粧品や塗り薬、洗剤などで接触性皮膚炎を起こしやすい人だと言われています。
アレルギー体質の人など、アトピー性皮膚炎を発症して悪化させないために、注意が必要です。まず、皮膚をいつも清潔に保つことです。そして、保湿をしっかりとして皮膚を乾燥させないようにしましょう。

 

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんや幼児の場合、皮膚が痒くなった時に掻いて皮膚を傷つけないように、手の爪はいつも短く切って、引っかからないように滑らかに磨いておくといいでしょう。また、皮膚がかゆくならないために、室内が暑すぎたり寒すぎたりしないように配慮してください。また、急激な温度変化をなるべく避けて、室内の温度や湿度を適切に保つことも大事です。

 

アトピー対策としては、汗をかいたらこまめに着替えをするだけでなく、下着など、肌と接触する衣類は、綿などの刺激の少ないものにしたほうがいいでしょう。また、大人の場合、アルコールによって体温が上昇するとかゆみやじんましんが出る場合があるので、体調や体質によっては飲酒を避けた方が良いかもしれません。