×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

入浴とアトピー対策

入浴とアトピー対策

火山の多い日本では、全国各地に温泉があり、「湯治(とうじ)」という病気の治療法が伝統的に行われてきました。特に、湯治はリウマチや皮膚炎に良いとされてきましたが、アトピー性皮膚炎についてはどうでしょうか?

 

実は、アトピー性皮膚炎に対する温泉の効果はよく分かっていません。温泉に入って症状が良くなる人もいれば、逆に悪くなる人もいます。

 

特に硫黄泉は、刺激が強いので、アトピー性皮膚炎の人は避けたほうがいいでしょう。

 

硫黄泉以外では問題は少ないようですが、もし入浴中に痒くなったり、症状が出たりした場合は、水道の温水で洗い流し拭き取ったうえで、アトピー用のクリームや薬を塗ってください。

 

家庭で入浴剤を使う場合も、硫黄成分のないもので、保湿効果の高い薬用入浴剤などを使うと良いでしょう。

 

毎日の入浴でのアトピー対策はとても重要です。皮膚を清潔に保つとともに、入浴後のスキンケアとして、アトピー用のクリームやお薬を欠かさず塗ることが大切です。

 

シャンプーの成分が体に流れて掛かったままだと、アトピーの症状を悪化させることがありますので、先に頭を洗ってから体を洗ったり、出る前にシャワーで十分洗い流すなどの注意が必要です。